地域から探す

業種から探す

新着口コミ

新着店舗

月間ランキング

セクシーキャバクラ、略してセクキャバ!

「セクキャバ」とは何か?広大なネットの世界で当サイトをたまたま見つけ、どこか惹かれるものを感じて訪問してくれた貴方に、まずはそれを教えてあげましょう。
セクキャバ、それは略称です。パーソナルコンピュータをパソコンと略して呼ぶのと同じ。具体的には何の略なのかというと、セクシーキャバクラです。キャバクラというのは美人な女性をはべらせてお酒を楽しむお店ですが、セクキャバの場合は、「お酒」よりもむしろ「女性」にサービスのフォーカスが絞られています。「女性のセクシーさ」を前面に出したサービスが、セクキャバの売りです。セクキャバは、たいていの場合ドリンク付きですが、お酒を飲んで過ごすよりは、女性とイチャイチャして過ごすほうに主眼が置かれているのです。

「でも、キャバクラで出来るイチャイチャなんてタカが知れてるのでは?」と、貴方は言うかも知れません。
たしかに。キャバクラはどっちかというと女性と一緒の席でお酒を飲み、語らって楽しむのが基本的な遊び方というものです。不用意に女性の太ももあたりに手など置こうものなら、やんわりとその手を外されてしまうことでしょう。ちょっと肩に手を回してみたり、手相を見てあげたりするのがせいぜいのところ。ガッツリ女性におさわりしてイチャイチャしようと思ったら、風俗店に行かなければいけません。
セクキャバは、「ヘルスみたいな風俗に行くほどムラムラしているわけではない。でも女性との肉体的な接触には魅力を感じる」という男性のための、イチャイチャ可能、おさわり可能なお店です。ヘルスなどに行くよりもお安い料金で、女性を膝にのせてキスしてみたり、胸に触れたりすることができます。服の上から。あるいは、服をはだけさせて。女性は露出度の高い衣装を身に着けていることが多く、胸もはだけさせやすい仕様になっているのが一般的です。
以上のようなサービス内容から、セクキャバは「おっパブ(おっぱいパブ)」や「おさわりパブ」、「いちゃキャバ」といった名で呼ばれることもあります。一般的な風俗と大きく違うのは「ヌキ」のサービスがないことで、その点、夜のお店としてはソフトな部類に含まれます。「ソフト系」ならではの良さもあります。女性にとっては体に負担をかけなくてもつとまる仕事だということで、普通に街で見かけるような魅力的な女性と出会えるのです。

セクキャバのシステム

当サイトの情報をもとにセクキャバへ行ってみようと思っている貴方には、まずはその基本的なシステムを説明しておかなければいけませんね。
セクキャバの店内は、広いホールに仕切りが設けられ、1人ひとり男性が座れるサイズのソファが置かれているという構造になっています。受付で料金を支払うと(40分、60分といったコース時間ごとに料金が設定されています)、ボーイさんに1人がけソファに案内され、しばし待つことになります。ホールは全体に照明を暗めにつけ、仕切りの向こうはハッキリとは見えないようになっています。女性とディープなキスを交わしても、これなら恥ずかしくありませんね。
初めての場合は、コース時間の40分ないし60分の間に、3人か4人の女性が代わりばんこに貴方のもとを訪れるというスタイルで、サービスを楽しめます。単純計算で1人につき10分から20分かけて、イチャつけるわけです。照明は暗めですが、もちろん膝に女性をのせて体を寄せ、顔を近づければ、彼女の様子は上から下までくまなく見ることができるでしょう。衣装のセクシーさも充分に分かるはずです。セクキャバは、お店によっては「OL風」とか「キャビンアテンダント風」といった、コスプレの概念を取り入れているところもあります。衣装に萌えるという男性にとって、ここはポイントのひとつでしょう。
衣装の中には、日本男児なら誰もが興奮必至の「和服」もあります。実際には、はだけさせやすい「浴衣」ですが、コンセプトが「和風」であることに違いはありません。
和服(浴衣)をフィーチャーした「和風セクキャバ」には、その他の店とは違うサービススタイルがあります。それは「添い寝」です。和風セクキャバの別名は、お座敷セクキャバ。その名の通り、ホール内にあるソファ席ではなく、小料理屋の個室のような、畳敷きのスペースでサービスが提供されます。ホールタイプの和風セクキャバもありますが、そこでも添い寝のできる広めのスペースが用意されます。 2人で横になれるのでより密着度も高まり、楽しめることでしょう。

ところで、セクキャバでは、たとえば3人回ってくるからといって必ず全員とイチャつかなければならないわけではありません。1人目、2人目の女性に運命を感じたら、彼女を「指名」して残りの時間をずっと一緒に過ごすことができます。そして、彼女とはその場限りの一期一会ではなく、お名前を聞いておいて、次に行くときに最初から指名することもできます。
お気に入りの女性を見つけたら、セクキャバでの遊びはもっと楽しいものになりますよ。